So-net無料ブログ作成

膀胱留置カテーテル [マニュアル]

尿管が入っている方の対応について、

参考にしていただければ、と思います。


経尿道的膀胱留置カテーテルについて

<目的>

・カテーテルを一定期間膀胱内に留置し、尿を体外にドレナージする。

<適応> 

・排尿困難、尿失禁などで頻回な導尿が必要な場合。

・手術創や検査後の安静、感染防止が必要な場合。

・重症患者など水分出納管理が必要な場合。

<管理上の注意>

①尿量、性状(色・浮遊物)、臭いの観察。

②ルート(管)の折れ曲がり、閉塞、接続のゆるみ、尿漏れがないか確認。

 体位変換の時には体の下に尿管が入らないように注意する。

③畜尿袋の種類によっては横置き禁止となっているものもあるため、

 袋は立てておくようにする。

④ルートの先端には蒸留水で5~10cc程度のバルーンがあり

 膀胱に固定されているので、無理な力で引っ張ったりしない。

⑤ルートの中の尿はできるだけ畜尿袋の中に流すようにして流出を促す。

⑥尿意の訴えがある場合は、膀胱内に尿が溜まっている可能性があるので、

 ルートをミルキング(しごく)して尿流出を促す。

⑦移動時は逆流防止のため、畜尿袋を膀胱より上に持ち上げないように

 注意し、常に膀胱より低い位置に設置するようにする。

 畜尿袋だけでなく、尿管も膀胱より高い位置にならないように注意する。

⑧畜尿袋は床につけない。床に置く場合はビニール袋等で覆い、

 横に置くと尿漏れの原因となることがあるので立て掛けるように注意する。

⑨陰部は清潔に保ち不快感をなくす。排便後は必ず陰部洗浄を行う。

⑩ルートをテープで固定してある場合、テープを張り替える時は

 同じ場所での固定を避けて少しずつずらすようにし、

 ルートが皮膚を圧迫することによる皮膚トラブルにも注意する。

 テープがはがれかけている時は気付いた人が貼り直す。

⑪入浴時も原則として感染予防のため接続部ははずさないようにする。

 浴槽の中に入る時には畜尿袋が膀胱より高い位置となりやすいため、

 尿の逆流防止のためにルートをクランプ(折り曲げて輪ゴムで止める、

 又はガーゼの上から鉗子ではさむ等)して畜尿袋はビニール袋で

 覆って浴室へ持ち込む。

⑫尿の流出がいつもより少ない、尿中の浮遊物が多い、尿漏れがある、

 などいつもと違うことがあるときには看護師へ報告する。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 1

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2013-02-14 13:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。