So-net無料ブログ作成
検索選択

帯状疱疹Ⅱ [皮膚のこと]

帯状疱疹は神経に沿って赤くぶつぶつができて、痛痒くなります。

水ぼうそうにかかったことがあれば、免疫ができているはずですが

抵抗力が弱っている場合、再発のような形で症状がでることがあります。

水ぼうそうも、帯状疱疹も、ヘルペスも同じウイルスと考えてよい様ですが

ウイルスの種類は8種類あるとかかれていました。


どんな発赤疹が帯状疱疹か、っていう判断は見たことがなければ

なかなか難しいものですが、疑わしいときは皮膚科受診をお勧めします。


きちんと抗ウイルスの投与をすれば、治りますし

痛みもそれほどひどくならない場合もあります。

ゾビラックスは内服も点滴もあります、軟膏もあります。

最近はバルトレックスを使うほうが多いのかもしれませんが

きちんとした診断をうけていただきたいです。


浸出液や痰に混ざる分泌物からも飛沫感染しますので

個室での隔離が必要になります。


消毒はアルコールも次亜塩素酸も有効とのことで、

高齢者施設では少し気をつけていきたいところです。



それから、どこの部位に症状がでているか、ということで

その神経の支配する機能が低下していることも考慮したいです。

顔面にでることもあり、目や耳の近くだ視力や聴力も心配ですし

お腹の場合は、腸の動きも悪くなるような感じがします。


早めに見つけて、早く治療してなおしてしまいたいですね。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。