So-net無料ブログ作成

現場での連携 [その他いろいろ]

連携、連携って流行りのように言われていますが

実際に現場でどうやって連携をとるか、なんて

なかなか教えてもらえるものではありません。


ケア連携の研修をしているけれど、看護の業務の一部を

介護職員もできるようにして、ケアを連携って、

そういう簡単な話ではないと思います。


実際、連携って一言で言われても同じ介護職員同士の連携から

他職種の連携、他施設との連携、いろいろなところとの

連携があります。


どうやって連携をとっていうかっていうと、

どの情報をどの職種、どの相手に伝えることで

より、ケアがスムーズにすすめることができるか、

それをきちんと判断できる知識と、

相手に分かりやすく伝える技術とコミュニケーション能力、

そういうことが、ムリなくできる職場の環境も必要です。


ご飯を食べるのが少しずつ難しくなっていく方を

サポートするときに、その情報を誰と共有して、

どうやって話し合いの場を持って、

誰にアドバイスをもらい、誰が決めていくのか。


その場には各専門職だけではなく、本人、家族が

居ても良いかもしれません。

そういう判断を介護職員がリーダーシップをとって

決めていける力をつけてほしいです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。