So-net無料ブログ作成
検索選択

経口摂取の限界 [その他いろいろ]

きっと誤嚥性肺炎をおこすだろう、って思っていても

できるだけ口から、できるだけ美味しいものを

食べてもらいたい、っていう家族や職員の思いをどうにかしたい。


熱が出てしまった。

痰がでてきてしまった。

病院だったら食事をとめて、点滴をして、

そのうち食べ方を忘れてしまって。


でももしも家だったら?

少しでも食べれるようならむせながらでも食べてもらい

点滴は最後の手段。


では、施設ではどうしましょう??

家族を含めて話し合いの場をもち、専門職の意見と

どこまでできるかを考えりことしかできません。


点滴の力を少し借りて、少しでも体力がつけば

嚥下の力もかわってくるかもしれません。


そういう期待を込めて、点滴を選択することもあります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。