So-net無料ブログ作成

顎がはずれること [その他いろいろ]

病院では顎がはずれたという患者さんはみたことがありませんでした。

それが施設に来てみたら、ときどきはずれれしまう方、

はずれる危険が高いと思われる方、

最近ははずれていなかったけど、あれ?はずれてる??

っていう感じで顎関節のはずれに遭遇することが何回かあります。



顎がはずれてしまったら、病院へ行ってください。

呼吸困難や顔面蒼白などの状態が悪い緊急事態でない限りは

救急車の必要はありません。

口腔外科があるところが理想だと思いますが、総合病院でも

地域によっては口腔外科はなかなか探しにくいかも知れません。

救命救急でしたら、見てくれるとは思いますがそこまで大げさにしなくても、

という感じなので、歯医者さんのほうが気軽に聞けるかもしれません。

昼間だったら電話を入れて見てもらえるかどうか聞いてみるのも良いと思います。

歯科にも専門分野があると思うので、虫歯治療のみのところは難しいかもしれませんが

歯医者さんの中にも口腔外科の看板を掲げているところもあると思います。



ただ、何回も繰り返す場合はそう度々搬送することも難しくなるので

決め事を作っておいたほうがよいのかもしれません。

看護師が顎関節を整復できるとおっしゃる方もいるかもしれません。

もちろん、医師の指示もとの行為であれば違法にもならず、

診療の介助になるのかと思います。

看護学校ではそういう行為は学んできておりません。

柔道整復師のほうが詳しく勉強されているようですね。


どちらにしても素人が手探り状態で力ずくで整復することだけは危険かと思います。



顎関節がはずれる原因としては、

もちろん関節の状態が外れやすくなっていることが一番ですが、

咳込んで分泌物が多量にでたり、欠伸をすることで口を大きく開けたり

口腔ケアのときの刺激でもおこるだろうし、

入れ歯の装着が刺激になることもあります。

口腔内の筋の緊張で外れやすくなることもあるようです。



先日はずれたかたは、口腔周囲の筋の不随意運動があり

普通は顎がはずれれば口は閉じることができないのですが、

片側だったり、下唇が口の中に巻き込まれるような形だったりして

一見きちんと口が閉じられているように見えて、顎がはずれていると

気が付かない職員もいたのではないかと思いました。

不随意運動によって、自然にはずれ自然に整復されるのですが、

顎が外れた状態では経口摂取をすすめることは危険ですので

いろいろと観察してもらうこと、マッサージをしてもらうこと、

入れ歯の装着具合を確認すること、

いろいろなポイントを歯科衛生士さんと話し合いました。

歯科受診と嘱託医師の診察と、そのあとは家族との今後の方針の話し合いになります。



顎のはずれは老化によって関節が磨り減ってくれば

どなたに起きてもおかしくないことだと思います。

だから病院ではお目にかからなくても、高齢者施設ではよくあること、

ということになるのだと、病院出身NSの私はつくづく感じています。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ふくふく

要介護3の実母を自宅介護しています。
弱ってくるにつれ、あくびが大きいことも手伝い、朝一番に顎が外れていることがたびたび起こるようになりました。
頻度も増していき顎固定ベルトまで購入しましたがそれでも外れることもあり困っておりました。
ネット検索で入れ歯は24時間していた方がいいという歯科女医さんのブログを見つけもしかして関係があるかもと思い就寝時もきれいにした総入れ歯をはめて寝るようにしてから顎はずれが無くなりました。
もしかしてお役にたてばとおもいコメントさせていただきました。
by ふくふく (2012-11-22 22:13) 

ひーこ

ふくふくさん、貴重なコメントありがとうございました。

確かに入れ歯は入れていたほうが顎関節が固定されやすいですよね。私自身の知っている方は、入れ歯ではなくて自分の歯があるので入れ歯の事を考える必要はありませんでした。

あとは座る時間が長くても寝ているときより重力がかかるのか、縦に引っ張られてはずれやすくなっていました。

一人一人の状況も全く同じではないと思うので難しいなって感じています。
by ひーこ (2012-11-26 01:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。